〒112−0014 東京都文京区関口1丁目24-8 東宝江戸川橋ビル9F

概要

大塚会長
代表挨拶

 一般社団法人 車両情報活用研究所は、車検証情報をはじめとする車両情報の電子的な利活用に関する調査・研究を行い、関連する情報交流の場を作ることによって、自動車業界に対する環境面・安全面などの社会的要請に応えるとともに、より有益で効率的な車両情報の電子的利活用を行うためのビジネスモデルの創出を目指し、より安全で豊かな国民生活の実現に寄与することを目的として設立いたしました。
 本研究会の趣旨ご理解の上、幅広い自動車関連業界の方々に、積極的にご参加頂ければ幸いです。


一般社団法人 車両情報活用研究所 理事長
大塚 健治
Greetings from The Chairman

Car Information Data Management has been established with the goal for the automobile industry to respond to the social requests in environment and safety by researching and studying the electrical dominant application such as the data under the automobile inspection certificates and creating the opp-ortunity to cross-fertilize the information, at the same time, to create the business model for more beneficial and efficient electrical dominant application, and to contribute to safer and richer life for all the people.
It would be my pleasure to grow your under-standing and interest in participating in this study group and I hope to meet as many people from wider range of the automobile industry as possible

The Car Information Data Management
Chairman


Kenji Ohtsuka

概念図

概念図 Concept chart

活動目的とその内容

1.車両情報の調査、研究
車検証情報などをはじめとする様々な車両の情報に関わる調査や研究を行います。

2.車両情報の電子的な利活用に関わる調査、研究
車両情報の電子的な利活用の方法や手段などについて研究を行います。

3.車両情報に関する情報提供活動、啓蒙/啓発活動
幅広い車両情報に関する情報を、アフターマーケットなどを対象に情報提供を行います。

4.会員間における車両情報に関する情報交流
本研究会の会員間でそれぞれの持つ車両情報に関する情報交流を行います。

5.行政機関、関連団体などとの連携、情報交流
車検証情報などをはじめ車両情報全般にわたって、行政機関や関連団体などとの連携を深め、情報交流を行います。

6.車両情報の電子的な有効活用によるビジネスモデルの創出
ワーキンググループによって具体的なビジネスモデルの創出を目指します。
The Activities

1. Researching and studying the automobile data
We research and study the data and information on various automobiles such as the car registrations.


2. Researching and studying the electrical dominant application of the automobile data
We study manner and method on the electrical dominant application of the automobile data.

3. Researching and studying the automobile data
Providing the automobile data; enlightenment activities


4. Cross-fertilizing the data and information among the members
We cross-fertilize the data and information on automobile among the members of this study group.


5. Exchange and coordination with government institutions and affiliated organizations
We deepen exchanges and coordination with government institutions and affiliated organizations over the automobile data under the car registrations, etc.


6. Creating the business model for beneficial and efficient electrical dominant application for automobile data.
We aim to create the specific business model by working in groups.

組織図

組織図 Organizational Chart

定款